2010年05月19日

感度良好 波高し

トランシーバーをポッケに入れて滑ってると
マイクのコネクタが引っこ抜ける。(スノーボードの罠)

すぽんと抜けるんじゃなくて、半抜け状態で。
脱力のひとコマです。

マイクコネクタ君は生まれながらの根性無しだ。
そろそろ生まれ変わってみてはどうか。ウニのトゲとか見て。

「ブタ野郎!なんで答えてくれないんだよ」
「お前こそ!」
「あ、マイクが抜けていた!メンゴー」

これで済んでいるのはきっと雪山が涼しくて気分が良いからだ。

(追記) 対策してみた
P1010002

道具:グルーガン(ダイソーで300円)
材料:グルースティック(ダイソーで100円@12本)
やり方:マイク端子の根元に向かってむにゅーとやる。



posted by こぐ at 14:59| ☁| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー解りますこれー
常に確認してますもん。
いい方策考えてください。
因みにオレのウニのトゲはまだ抜けず...
これはこれで迷惑
Posted by dera at 2010年05月19日 15:41
抜けないようにL字プラグになってるけど
そんなの関係なく抜けるときは抜ける。

いっそのことボンドで付けてしまおうと思うんだけど
マイク本体が壊れたら面倒なことになりそうで。

ホットグルーをねちょーってやるのがいいのカナ? カナ?
Posted by こぐ at 2010年05月19日 17:50
ねじ込み式のは高くて買えない。

ボリュームロック兼、リストバンド最高説 収益の一部を… って怪しげなの 家の中に一つくらい転がってない?

http://picasaweb.google.co.jp/lh/photo/LOlpTUzVCfyMIVCFe4L2kg?feat=directlink
Posted by Asa at 2010年05月19日 19:16
グルーガン買ってきた
もの凄い接着力に感動ちゅう。

Asa方式はボリュームもロックできるのがナイスだなあ。
Posted by こぐ at 2010年05月19日 21:53
私も。それがわかっててvx5にしようとしたが軽さに負けてvx2にしちゃった。

ガムテープを5mm幅に裂いたのを2っ用意。
1、2cm重ねて長くして
本体(液晶を見るのに障害の無い程度)、L字コネクタ、本体(裏面を長め)に渡るように貼ってます。

茶色の普通の布ガムテだとネバネバが本体について汚い。
緑の養生テープは粘着が弱い。
銀のダクトテープは以外にダメ。
で、最後に辿り着いたのが赤いガムテ。

赤ガムテだと何度か貼りなおしても大丈夫だった。予備も本体に貼っておけば安心。
いっぺん試してみて。
Posted by ピカロ at 2010年06月04日 01:01
追記。

私はボリュームもガムテ固定です。
あとウニのトゲはお婆ちゃんの知恵で
梅干を乗せて絆創膏してましたが、それでもなかなか抜けないですよね。
Posted by ピカロ at 2010年06月04日 01:06
ピカロもいろいろ工夫してるね。
赤いやつ解るよ。
マイクの方は画像のとおり猛烈に固定したんで大丈夫笑。ボリュームの方で試してみるよ。

ウニのトゲは抜けないよね。アレが進化の結果だとすると自然は凄い。
Posted by こぐ at 2010年06月06日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。